沿革

大正  7.10.1            文部省から甲種程度で設立の認可があり、東京府立商業学校と称する

                      学校所在地    東京府豊多摩郡渋谷町下渋谷737番地(現在地と同じ)
          8. 4.              第一期生として男子187名が入学する(4学級、修業年限5年)
          9. 2.19        東京府立第一商業学校と改称する
         9.6.10        附設商業補習学校(夜間部)を設置する
        11. 4.  1          学科課程に露西亜語、中華民國語を設置、外国人による授業を始める
        11. 8.31          校舎のすべてが竣工する(7年12月から継続工事)
        12. 6.  3          開校記念式典を挙行する
        13. 3.25          第1回卒業式を挙行する 卒業生146名
        15. 6.  3          校旗制定式を挙行する
        15.11.22         一商文庫開館式を挙行する
昭和    7.10. 1          東京市域拡張の結果学校所在地の表示変更 東京市渋谷区鉢山町43番地
          8.  4. 1          入学定員第一本科5学級・第二本科5学級(新設)となる 学級定員50名
          8.11. 9          田園家塾(照心寮・啓明学舎・養成閣)を設け、修養道場とする
                                所在地 東京市大森区田園調布4丁目84番地
                                第1回体育大会を挙行する(明治神宮外苑競技場)
          9. 4.17          東光原(作業場及び校外運動場)の開場式を挙行する
        10. 5.  4          清明原(校外運動場)の開場式を挙行する
        18. 4.  1          修業年限が4年となる
        18. 7.  1          都制実施により東京都立第一商業学校と改称する
        20. 5.25          戦災のために校舎等が全焼する
        20. 9.  3          猿楽国民学校等の校舎の一部を借用し、二部制による授業を再開する
        21. 3.31          第二本科を廃止する
        22. 4.  1          新入生募集停止、第2・3学年を第一商業学校併設新制中学校生徒とする
        22. 7.  1          木造校舎が竣工し、新校舎で全校の授業を再開する
        23. 4.  1          学校教育法により東京都立第一商業新制高等学校として設置される
                             中華民國語は科目名を中国語と改称し、授業を継続する
        23. 5.  1          代々木分校を東京都渋谷区代々木初台496番地に設置する
        24. 4.  1          入学定員商業科6学級となる 学級定員50名 修業年限3年
        25. 1.28          教育委員会法に基づき東京都立第一商業高等学校と改称する
        25. 4.  1          入学定員商業科8学級となる 初めて女子38名が入学する
        30. 3.  1          代々木分校で三部制による定時制の授業を開始する
        31. 9.10          代々木分校が東京都渋谷区代々木上原町1119番地に移転する
        32.10. 1          代々木分校が東京都立代々木高等学校として独立する
        33. 3.20          校舎改築総合計画により鉄筋4階建校舎が竣工する(全3期工事)
        38. 7.              田園家塾を閉鎖し、返還する
        40.12.25         神奈川県秦野市菩提桜沢2043に丹沢寮の建設用地6,257.6平米を買収する
        42. 4.  1          食堂(生徒会館内)を設置する
        44. 6.  3          創立五十周年記念式典を挙行する
        44.10.19         丹沢寮鉄筋2階建て延べ369平米が主竣工する
        45. 4.  1          住居表示の変更 東京都渋谷区鉢山町8番1号
        52. 4.  1          学級定員45名
        55. 4.  1          学級定員47名(昭和57年度のみ45名)
        59. 4.  1          入学定員商業科9学級(臨時1学級の増)となる
        61.12.25         国際会計科の設置が認可される
        62. 4.  1          入学定員商業科7学級(臨時1学級の増)・国際会計科2学級となる
        62. 6.25          丹沢寮を閉鎖し、神奈川県秦野市に売却する
平成  元. 4.  1          都立一商奨学会による奨学金制度が発足する
          2. 4.  1          学級定員45名
          3. 1.25        国際会計科定員について推薦入学選抜の実施を始める
          3. 4.  1        入学定員商業科5学級・国際会計科2学級となる 学級定員44名
          4. 4.  1        入学定員商業科4学級・国際会計科2学級となる 学級定員43名
          5. 2.  5          都立高等学校の施設整備計画により全面改築、校舎が竣工する(全1期工事)
          5. 3.  5          第70回卒業式を挙行する 卒業生 男65女212 計277 卒業生累計23,100
          5. 4.  1          学級定員42名
          5.11.20         新校舎落成記念式典を挙行する
          6. 4.  1          学級定員40名
          7. 1.26        商業科、国際会計科について推薦入学選抜を実施の実施を始める
         10.11. 7         創立八十周年記念式典を本校体育館で挙行する 「八十年の歩み」発行 
         15. 4.  1         学級定員35名
         15. 4.10         中央大学商学部と会計分野における接続教育に関する協定を締結(高大連携)
         15. 4.24         東京都教育委員会からリーディング・コマーシャル・ハイスクール
                              (先進的商業高校)の指定を受ける(21.3.31まで)
         17.3.31        国際会計科を発展的に解消し、商業科のみの募集とする。
         20.3.15        定時制課程閉課程、
                  定時制課程閉課程記念式典を本校体育館で挙行する 「記念誌」発行
         20.3.27        産業能率大学とキャリアガイダンス分野などの接続教育に関する協定を締結
         20.3.31        普通教室、講義室、特別教室等、校内全般に空調設備が設置される
         20.10.25        創立九十周年記念式典を本校体育館で挙行する 「九十年の歩み」発行
                               祝賀会「駒場エミナース」
         25.3.12     全日制課程第90回卒業式(卒業生188名)
〒150-0035 東京都渋谷区鉢山町8番1号
電話 : 03-3463-2606 ファクシミリ : 03-3463-2050