印刷

学校感染症による出席停止について

 

学校感染症による出席停止について
 
学校保健安全法により、学校感染症にかかった生徒は、学校内での感染防止及び生徒本人の十分な休養のため、出席停止扱いになります。
つきましては、下記の感染症であると診断された場合は、出席停止の手続きの流れにそって、手続きを行ってください。なお、出席停止期間中は「出席すべき日数」から除外され、欠席扱いにはなりません。
 
出席停止になる感染症
 

種別
感染症名
第一種
エボラ出血熱,クリミア・コンゴ出血熱,痘そう,南米出血熱,ペスト,マールブルグ病
ラッサ熱,急性灰白髄炎,ジフテリア,重症急性呼吸器症候群及び鳥インフルエンザ
第二種
インフルエンザ,百日咳,麻しん,流行性耳下腺炎,風しん,水痘,咽頭結膜熱及び結核
第三種
コレラ,細菌性赤痢,腸管出血性大腸菌感染症,腸チフス,パラチフス,流行性角結膜炎
急性出血性結膜炎その他の感染症

 
出席停止手続きの流れ
 
1)     医師から、上記の感染症(疑い含む)と診断された場合、速やかに学校(担任)まで連絡してください。
 
2)     医師の指示に従い必要な期間しっかりと療養し、外出や友人との接触はしないでください。
 
3)     医師により、感染の恐れがないと診断されたら、下記の「登校許可書」に必要事項を記入し、登校
してください。
 
4)     登校後、担任に「登校許可書」を提出してください。
用紙は、以下からダウンロードできますので、印刷してご利用ください。ダウンロードができない
場合は、郵送いたしますので、お申し出ください。

 
 

インフルエンザによる出席停止の場合はこちら

 

 

インフルエンザ以外の感染症による出席停止の場合はこちら

〒150-0035 東京都渋谷区鉢山町8番1号
電話 : 03-3463-2606 ファクシミリ : 03-3463-2050